空き家として所有し続けるのなら管理物件会社に依頼を

空き家として所有し続けるのなら管理物件会社に依頼を

空き家として所有し続けるのなら管理物件会社に依頼を

相続した一戸建てなどで、誰かが住む予定がない場合に、空き家として所有し続けることになったら、まずは管理物件として依頼しておきましょう。
不動産会社の管理物件に指定してもらい、衛生的に維持管理してもらえるシステムです。
売却するのとは違い、自己所有の状態で第三者である不動産会社に管理してもらえます。
リーズナブルな価格帯で管理してもらえるのが特徴です。
いずれ売却する場合でも、最初に管理物件にしておけば、必要最小限の老朽化に抑制できるメリットもあります。
雑草の繁殖を敷地内で抑えて、適切に草刈りや枝の選定作業をしてもらえますので、遠隔地に住んでいても安心です。
管理物件に依頼しておくと、一戸建ての内部を殺菌消毒してもらえます。
殺菌消毒の費用はコストになるものの、害虫の繁殖を予防できますので、建物としての経年劣化や悪臭予防に効果的です。
管理が行き届いた状態で維持されるので、途中から売物件にしたい場合もスムーズです。
必要に応じて、写真や動画を撮影してもらい、送ってもらって確認できるシステムもありますので、現地確認のために時間を用意しなければならない状態からも解放されます。
空き家に対して行政からの指導が入ることもないので安心です。

お知らせ

一覧

空き家として所有し続けるのなら管理物件会社に依頼を

投資にも選ばれている不動産を持つメリット

自分に合う不動産屋を見つけてお部屋探しをしよう

インターネットで不動産を探す際に覚えておきたいこと